暮らしのほとり舎オンラインショップ トップページ
  • HOME
  • >
  • Zakka
  • >
  • ふくろう文鎮 (大 / ペア)[鈴木盛久工房]

鈴木盛久工房  ふくろう文鎮 (大 / ペア)

夫婦円満の象徴にもなっている縁起の良いふくろう (ふくろう文鎮 大・ペア) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

南部鉄器の老舗・鈴木盛久工房の
ふくろう文鎮です。
 
ふくろうは、その名を「不苦労」や
「福来郎」に語呂合わせをし、苦労
知らずで福を呼ぶ鳥とされています。
 
仲睦まじく肩を並べたふくろうは、
番(つがい)同士。ふくろうは毎年
同じペアで産卵、子育てをする鳥で、
夫婦円満の象徴にもなっています。
 
縁起の良いふくろう文鎮は、インテリア
としても素敵ですし、贈り物にも
喜ばれそうです。

Item Detail(クリックすると拡大します)

ずんぐりとしたシルエットと、つぶらな深い瞳が印象的なふくろう文鎮。
実用にはもちろん、飾り物としてお部屋やお店の雰囲気づくりに、コレクションの一員として。
ふくろうは、ギリシャ神話の女神アテナの従者であることから、森の賢者、学問の守り神とも呼ばれ、
知恵の象徴とされています。ふくろうは日本各地に生息し、鳴き声は度々耳にすることがありますが、
夜行性でなかなか姿を見られないこともあり、どこか神秘的な雰囲気を漂わせます。

仲良く寄り添う姿が愛らしい「ペア」の文鎮は、番(つがい)のふくろうですが、「大」のふくろう文鎮と
並べて置けば、親子のようにも見えてきます。後ろには、それぞれ小さく「盛久」の印が入っています。

ふくろう文鎮 (大・ペア) サイズ 寸法 スケール <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

南部鉄器 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

味わい深い錆色が魅力です <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

南部鉄器といえば漆黒、というイメージがありますが、鈴木盛久工房の鉄器は、表面をお歯黒で着色することで生まれる味わい深い“錆色”が印象的。
 
他とは違う色味や質感の表情、雰囲気が魅力です。
どの商品も南部鉄器らしい、古雅な趣と特有の風格を漂わせています。
 
※一部商品には、“黒色仕上げ”を採用しております。[霰紋玉形鉄瓶角鍋 他]

ギフトラッピングについて

1ラッピングにつき「385円 (税込)」にてギフトラッピングを承っております。
 
ご希望の方は、ギフトラッピングページに記載の内容をご確認・ご了承の上、ラッピング商品と「ギフトラッピング (Gift Wrapping)」をそれぞれカートに入れ、合わせてご注文ください。
 
通常よりも発送までにお時間を頂戴致しますので、お届けまで余裕をもった日程にてお申し込みください。
 

商品レビューのご投稿ありがとうございます!



40代 / 女性

【ふくろう文鎮 (ペア)】

ふくろうの文鎮はうっとりするほど素敵ですが実際に手に取っていませんので
いつか自宅にも飾れるといいなあと思っております
本当にありがとうございました [2018/12/30]

 

  
ふくろう文鎮 (ペア) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
 

ふくろう文鎮(ペア) 鈴木盛久工房

 
サイズ : 幅 5.0 × 奥行 2.5 × 高さ 4.0cm
重さ : 約 250g
素材 : 鉄
生産地 : 岩手県
 
◆ 化粧箱入り
 

5,000円 (税込 5,500円)

 
 


 

  
ふくろう文鎮 (大) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
 

ふくろう文鎮(大) 鈴木盛久工房

 
サイズ : 幅 3.5 × 奥行 4.0 × 高さ 6.3cm
重さ : 約360g
素材 : 鉄
生産地 : 岩手県
 
◆ 化粧箱入り
 

5,000円 (税込 5,500円)

 
 

【商品の特性・ご注意】

・同じ商品でも、一点ごとに色味や質感の表情、雰囲気が微妙に異なりますが、これは、鈴木盛久工房特有の
 魅力ですので、風合いとしてお楽しみください。
・一つひとつ手作りされるため、同じ商品でも寸法や重量などに若干の差異が生じる場合がございます。
 おおよその ”目安” としてご理解ください。

【お手入れについて】

・鉄器は、水分や塩分、油分を嫌いますので、それらは避けてお使いください。
・汚れなどは、乾いた布で乾拭きしてください。
乾拭きで取れない汚れは、お湯で洗い、しっかりと水分を拭き取って乾かしてください。
・タワシやスポンジなどでこすると傷がつき、錆の原因になりますので、ご注意ください。

 
 
 
 
 
 

鈴木盛久工房 (すずきもりひさこうぼう)

 
江戸時代に南部藩が城を構えた城下町・盛岡の地で、400年続く南部鉄器の老舗。
鈴木家は、寛永2年 (1625) に、南部家の本国・甲州より御用鋳物師として召し抱えられて以来、藩の御用を代々勤めてきました。
昔ながらの伝統技法を受け継ぎ、様々な南部鉄器を作り続けています。
第13代鈴木盛久は、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」
現在、「鈴木盛久」の名は、15代目の熊谷志衣子さんにより、継承されています。歴代の中で初の女性鋳物師ということで、注目を集める存在です。
 

▶ 鈴木盛久工房 取扱い商品一覧

  南部鉄器とは 

 
南部鉄器といえば、岩手県の代表的な工芸品です。
その歴史は古く、平泉藤原氏三代の頃より、刀剣、鉄香炉、釜などの鋳造が行われていましたが、17世紀中頃、
茶道に造詣の深かった28代南部藩主が、京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜を作らせたのが始まりといわれます。
盛岡の地は古くから砂鉄・岩鉄などの良質な鉄資源に恵まれ、川砂・粘土、漆、木炭など鋳物に必要な原料が
豊富に産出されたことも、この地で南部鉄器が栄えた大きな一因とされています。
「わび・さび」を重んじる心が生みだす独特の品格を持つ南部鉄器は、藩主の献上品として栄えた性格上、
美術工芸品的要素が強いという特質があります。

 南部鉄器の"茶托" いろいろ

「ふくろう文鎮」におすすめの商品

 暮らしのほとり舎  - Blog -

東北


 

関東



 

北陸








 

近畿


 

四国

 

九州

 
 

営業日カレンダー
 
在庫につきまして | 暮らしのほとり舎
Magazine Press ~当店をご紹介いただきました~
リサイクルしています
 
ふくろう文鎮 (大 / ペア) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

ふくろう文鎮
(大・ペア)
鈴木盛久工房


Instagram Facebook Twitter