• HOME
  • >
  • 商品について
  • >
  • おもてなし用途だけじゃない、”普段使い”でこそ活きる道具「茶托」

おもてなし用途だけじゃない、
”普段使い”でこそ活きる道具「茶托」

藤すかし茶托 使用イメージ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
[藤すかし茶托(鈴木盛久工房)]

『来客時におもてなしのマナーとして使用するもの』
 
というのが「茶托」の一般的な印象かと思いますが、暮らしのほとり舎では、もっと”普段使いすべきもの”として日頃からおすすめしております。
 
”普段使い”をおすすめする理由は、マナーの為ではありません。
(自分で使うのにマナーも何もありませんよね🙈)
 
おすすめする一番の理由としては、”テーブルの保護”にあります。
 
お茶を淹れる習慣があるご家庭のテーブルは、そのほとんどが”木製”のテーブルかと思いますが、熱い飲み物が入った湯呑やマグカップなどを天板に直接置くと、表面の塗装面が白く変化して”輪染み”が出来てしまいます。(無塗装のテーブルの場合は、単純にその部分だけ変色していきます)(※1)
 
一度付いてしまった"輪染み"を取るのは、とっても大変。
であれば、最初から「付けないのが一番」です。
 
茶托を使えば熱い湯呑と天板が直接触れることがないので、輪染みの心配はかなり抑えられます。(※2)
 
なにより、折角のおしゃれな木のテーブルに湯呑がそのままドンッと置いてあるのでは、とても残念な気がします。
 
こういったことから、当店では「茶托」の”普段使い”をおすすめしております。(※3)
 
※1 ”輪染み”は、グラスについた結露水などによって、天板が濡れることでも付くことがあります。
※2 茶托を使用していても、テーブルの塗装の質や木の材質など、諸条件によっては輪染みが出来る可能性も考えられる為、”絶対に輪染みが出来ない”と断言することは出来ません。
※3 マグカップの使用には、岩本清商店の「ちょこっとトレー」が、おすすめです。

古銭茶托 × 木の葉茶托 使用イメージ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
[左:古銭茶托 右:木の葉茶托(鈴木盛久工房)]

朱や黒の高級な漆塗りの茶托や、竹などの植物を編んで作った洗うのにも躊躇するような茶托では、”普段使い”は難しいと思います。
 
●お手入れが簡単な「手軽さ」
●毎日の使用にも耐えられる「丈夫さ」
●親しみの持てる「デザイン」
 
鈴木盛久工房の南部鉄器の茶托は、これらを兼ね備えた”普段使い”にぴったりの茶托。
熱いお茶(湯呑)だけでなく、冷茶(グラス)との相性も良いので、一年中お使い頂けます。
もちろん、おもてなしの用途にもお出しして恥ずかしくない逸品揃いです。
 
400年続く老舗ならではの繊細なデザインと、確かな品質を兼ね備えた鈴木盛久工房の茶托を、ぜひご活用ください😊

 南部鉄器の"茶托" いろいろ              

天蓋茶托 <鈴木盛久工房>
藤すかし茶托 <鈴木盛久工房>
八角茶托 <鈴木盛久工房>
古銭茶托 <鈴木盛久工房>
八稜鏡茶托 <鈴木盛久工房>
霰(あられ)茶托 <鈴木盛久工房>
麦茶托 <鈴木盛久工房>
木の葉茶托 <鈴木盛久工房>

関連記事リンク

Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive