二十四節気「芒種 (ぼうしゅ)」6/5~6/20頃

二十四節気が小満から芒種へと変わりました。
 
「芒 (のぎ)」とは、麦や稲など、イネ科植物の穂先にある針のような毛のことで、昔からこの時季は、麦の刈入れや田植えを行う目安とされてきました。

七十二候|第二十六候「腐草為蛍 (くされたるくさほたるとなる)」 6/10~6/15頃

七十二候が芒種の次候に変わり、草の中から蛍が舞い、明りを灯しながら飛び交う頃となりました。
 
水辺や野の暗がりに浮かんでは消える蛍の光は、まさに夏の風物詩。夏の夜を幻想的に照らし出してくれます。

南部鉄瓶の使用方法と、飲んで美味しい身体に嬉しい健康効果

「南部鉄瓶」は、現代に生きる女性の強い味方。
 
南部鉄瓶で沸かしたお湯の魅力と、嬉しい健康効果について、とっても簡単な南部鉄瓶の使用方法と合わせてご紹介致します。

【和ろうそく】おすすめ!いざという時にも役に立つ昔ながらの「日本の灯り」

昔ながらの日本の灯り、「和ろうそく」。
 
お仏壇や神棚でお使い頂くだけではない、「和ろうそく」の魅力について、ご紹介致します。

▲ Page Top