第六候「草木萌動 (そうもくめばえいずる)」 3/1~3/4頃


七十二候が雨水の末候に変わり、草木が萌え出す頃となりました。
 
だんだんと春めき、暖かい日差しに誘われるかのように、地面や木々の枝々から萌黄色の小さな命が一斉に芽吹き始めます。
 
着々と長くなる陽の光が大地に降り注ぎ、春の兆しは確実な気配へと変わります。

萌黄色の新芽

陰暦2月の別名に「木の芽月」があります。
 
「木の芽 (このめ)」とは、春になって芽吹く木々の芽のことで、木の芽が出る季節を「木の芽時」といいます。
 
また、木の芽時に降る雨は「木の芽雨」、吹く風は「木の芽風」と呼ばれます。
 
この時期に降る雨は、植物が花を咲かせるための大切な雨で、木の芽が膨らむのを助けるように降ることから、その名で呼ばれるそう。
 
ひと雨ごとに春が近づいてくるのを感じられる季節です。

この時季の二十四節気                

この時季の二十四節気 

季節の楽しみいろいろ

季節の楽しみいろいろ 

この季節におすすめの商品              

この季節におすすめの商品