二十四節気「雨水 (うすい)」 2/19~3/4頃


二十四節気が立春から雨水へと変わり、本格的な雪解けの季節となりました。
 
この頃になると厳しい寒さも和らいで、降る雪は雨へと変わり、深く積もった雪も解け始めます。
 
雪解け水が大地や田畑を潤し、川や湖に張っていた氷も水に戻り、ようやく春の足音が聞こえ始めます。

雨水 (うすい) <二十四節気> | 暮らしのほとり舎

この時期から春にかけて降る雨は「養花雨 (ようかう)」や「催花雨 (さいかう)」と呼ばれ、梅や桜など春の花の開花をうながすと言われています。
 
こうした土や水が動き始める雨水は、昔から農業の準備を始める目安とされてきました。
 
春一番が吹くのもこの頃ですが、気候が不安定なので突然大雪が降ることも。
 
3月5日頃から二十四節気は「啓蟄 (けいちつ)」へと変わり、冬ごもりしていた生き物たちが姿を現し始めます。

二十四節気「雨水」の七十二候

二十四節気「雨水」の七十二候 

季節の楽しみいろいろ

季節の楽しみいろいろ 

この季節におすすめの商品              

この季節におすすめの商品