第五候 「霞始靆 (かすみはじめてたなびく)」 2/24~2/28頃

七十二候が雨水の次候に変わり、春霞がたなびき始める頃となりました。
 
「靆=たなびく」は、霞や雲が層をなし、薄く長く漂っている様子を表しています。
 
春になると、冬の乾いた空気に比べて、大気中に細かな水滴や塵が増え、遠くの景色がぼんやりと、かすんで見えることがありますが、こうした現象を「霞」と呼びます。

霞 (かすみ) | 暮らしのほとり舎

昔の人は、山々の裾野にうっすらと広がるこの春霞のことを、春を司る神様「佐保姫 (さおひめ)」がまとう着物の裾に例えました。
 
また「霞の衣」とは、霞がかかっている様子を衣に見立てた言葉です。
 
柔らかくほのかにかすんで見える山々は、のどかで春らしい風景です。
 
遠くに薄ぼんやりとたなびく「霞」と、近くに深く立ち込める「霧」。
 
実は、物理的には同じ現象なのですが、「霞」は春の季語、「霧」は秋の季語とされ、発生する時期によって呼び名を変え区別しています。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (羽子板・両面) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
薬味用銅おろし金 <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
棕櫚 棒たわし <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive