第四候 「土脉潤起 (つちのしょううるおいおこる)」 2/19~2/23頃

七十二候が雨水の初候に変わり、あたたかな雨に大地が潤い活気づく頃となりました。
 
降っていた雪がしっとりとした春の雨に変わり、凍てついた大地もゆっくりと潤い始めます。
 
忍び寄る春の気配に眠っていた植物が芽吹き始める季節です。

春の土・春の草 | 暮らしのほとり舎

春の雨で潤い匂い立つ大地や、陽射しにとけたぬかるみ。
 
春には付き物の光景ですが、わずかな土に喜びを感じる北国の人にとって「春の土」は待ち焦がれる存在でした。
 
そんな気持ちが表れた春の季語には「春の土」の他、「土恋し」「土匂う」「春泥」などがあります。
 
また、春先の雪解けでところどころ土が顔を出している様子を「雪間」や「雪の暇」、そして、そこにもう芽吹き始めた草を「雪間草」といいます。
 
俳人・沢木欣一の「春近し雪にて拭ふ靴の泥」は、雪間が見え始め、近づく春への喜びを感じさせる一句です。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (羽子板・両面) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
薬味用銅おろし金 <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
棕櫚 棒たわし <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive