第三候「魚上氷 (うおこおりをいずる)」 2/14~2/18頃


七十二候が立春の末候に変わり、凍っていた川や湖の表面が割れだす頃となりました。
 
「魚上氷」は、そんな割れた氷の間から、魚が飛び跳ねる様子を表した候です。
 
この時期によく見られる春先の薄く張った氷や解け残った氷は、「薄氷 (うすらい)」や「春の氷」「残る氷」と呼ばれ、まだまだ寒い日が続く雪国にも、春の訪れを実感させてくれます。
 
吹く風も柔らかくなり、温かくなった水の中には、ゆらゆら泳ぐ魚の姿が見え始めます。

薄氷 (うすらい) | 暮らしのほとり舎
薄氷 (うすらい)

また、2月からは次第に各地で渓流釣りが解禁となります。
 
渓流釣りといえば岩魚が人気ですが、岩魚は日本在来の渓流魚で、川の上流の中でも源流に近いところに多く生息しているそうです。
 
岩陰に潜んで餌をとるため、岩の魚と書いて「いわな」となったそうです。
 
岩魚や白魚、山女魚など、いずれも訪れる春の楽しみですね。

この時季の二十四節気                

この時季の二十四節気 

季節の楽しみいろいろ

季節の楽しみいろいろ 

この季節におすすめの商品              

この季節におすすめの商品