旬の味覚「マルメロ (カリン)」

信州諏訪特産・マルメロ | 暮らしのほとり舎
信州・諏訪特産の「マルメロ」

黄色い産毛に包まれて、ちょっぴりボコボコとして不格好な洋ナシ型。
こちらは、10月初旬頃から収穫が始まり、旬を迎える「マルメロ」という果物です。
 
柿やリンゴほどなじみ深い果物ではありませんが、長野県はマルメロの生産量日本一。
国内生産量の9割近くのシェアを誇り、時期になると産地直売所やスーパーにずらりと並び始めます。
 
何ともいえない甘くていい香りがするマルメロですが、その実は硬くて渋みと酸味が強いため、生ではとても食べられません。

そのため、はちみつ漬けやジャム、果実酒などとして利用されます。
 
マルメロの種子には、アミグダリンという物質が含まれており、これがアルコール漬けや加熱処理をすることによって、ベンズアルデヒドに変わります。
 
この成分が「咳止め」「喉のイガイガの解消」「痰をとる」「喘息の発作を抑える」などの効果があるとして、日本では昔から民間療法で使われてきました。
 
マルメロとよく似た果物に、カリン(花梨)があります。
 
マルメロは中央アジアが原産で、形が洋梨に似て少しゴツゴツとしていますが、カリンは中国原産で、基本的に楕円形です。
 
見た目だけでなく、香りや使われ方、そして薬効までほぼ同じということで、よく混同されますが、最も分かりやすい見分け方は ”産毛” の有無。
 
マルメロには産毛がありますが、カリンの表面はつるっとしています。

マルメロ尽くし (かりん酒・かりん液・かりんドロップス) | 暮らしのほとり舎
マルメロ(かりん)尽くし
「かりん酒・かりん液・かりんドロップス」

我が家の冷蔵庫には、ほぼ一年中、「かりん液」が入っています。
夏はロックで、冬はお湯割りにして飲むのが定番ですが、日本酒やヨーグルトにもよく合います。
 
マルメロ(カリン)は、美味しいだけでなく、喉に優しいのが嬉しいところ。
 
特に喉を痛めやすい季節の変わり目には、毎年、かりん液やかりん飴などの様々な「かりん商品」のお世話になっています。
 
ちなみに、マルメロの国内生産量のうち約90%が長野県で作られており、昔からマルメロのことを ”かりん” と呼ぶそうす。

関連記事リンク

季節の楽しみいろいろ                

季節の楽しみいろいろ 

この季節におすすめの商品              

この季節におすすめの商品 

  • 申文鎮 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • りす置物 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ふくろう文鎮 (大 / ペア) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ミニトレー <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • うちわ灰皿 (たんぽぽ・無地) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ペルシャ紋燭台 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 蝸牛カードフォルダ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 魚飾皿 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • とんぼ 帽子掛け / フック (鴨居・ネジ) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ペーパーナイフ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 天蓋茶托 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 瓶敷き / 鍋敷き (角) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 菜の花ろうそく <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • 米のめぐみろうそく <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • うるしろうそく <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • ろうそく等伯 <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • 手描き絵ろうそく (春・夏・秋・冬・12か月セット) <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • 和ろうそく ななお <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • ろうそく消し (あひる) 芯切りばさみ <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • 南部鉄 こま燭台 <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
  • 角トレー <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 花器 すずはな (氷割・ライン・布目) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 曽呂利 (そろり) ミニ <能作> | 暮らしのほとり舎
  • ちょこっとトレー (無地 / 蒔絵) <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive