第十八候 「牡丹華 (ぼたんはなさく)」 4/30~5/4頃

七十二候が穀雨の末候に変わり、牡丹の花が咲き始める頃となりました。
 
牡丹は、晩春から初夏にかけ、直径10~20センチの豊麗な花をつけ、色も紅・淡紅・白・紫など様々です。

牡丹 (ぼたん) の花 | 暮らしのほとり舎
牡丹 (ぼたん) の花

はじめは薬草として中国から伝わった牡丹ですが、平安時代には宮廷や寺院で観賞用として栽培され、今では俳句のテーマ、絵画や着物のモチーフとしてもよく登場します。
 
牡丹は甘く上品な香りと、その格調高い姿から、中国では国の代表花にもなっており、「富貴草」「百花王」「花王」「花神」など褒めたたえる別名がたくさんあります。
 
この世のものとは思えないほどの美しさと香りを意味する「天香国色」もまた、牡丹の異名となっています。
 
牡丹の花は20日ほど楽しめることから「二十日草 (はつかぐさ)」の別名も。
 
ちなみに牡丹の花言葉は、その名にふさわしく「王者の風格」。

この時季の二十四節気 

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

この季節におすすめの商品 

スティルク シリーズ <4th-market> | 暮らしのほとり舎
ちょこっとトレー <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
茶筒 karmi 釜 <我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive