第十九候 「蛙始鳴 (かわずはじめてなく)」 5/5~5/9頃

七十二候が立夏の初候に変わり、野原や田んぼで蛙が鳴き始める頃となりました。
 
蛙の声が響くようになると、野山の若葉もみずみずしく輝いて、まもなく本格的な夏が訪れます。

カエル | 暮らしのほとり舎

蛙は生まれてから別の場所へ移動しても、その後必ずもとの生まれた池に戻ってくることから「帰る=蛙 (かえる)」と呼ばれるようになったといいます。
 
「無事帰る」「お金が帰る」などにつながることから、蛙は古くから縁起が良いとされてきました。
 
また「蛙」という漢字は、鳴き声に由来しており、蛙が「けーけー」と鳴いていると捉えられたため、虫偏にこの「圭」が用いられたといいます。
 
真夜中に響く蛙の大合唱は、夏の夜の風物詩です。
 
いろんな鳴き声がこだましますが、実は鳴き声にもそれぞれ意味があるそうです。
 
オスがメスを呼ぶ求愛の声、危機を感じたときの警戒の声、なわばり宣言の声など・・・
 
意識して聞いてみるのも面白いものです。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

イチョウのまな板 <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
棕櫚たわし (小判型 / 中) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive