第五十三候 「霎時施 (こさめときどきふる)」 10/28~11/1頃

七十二候が霜降の次候に変わり、小雨が思いがけず降っては止む季節となりました。
 
この小雨とは、秋雨のようにしとしと降り続く雨ではなく、ぱらぱらと通り雨のように降り、じきに止んでしまうような「時雨 (しぐれ)」のことです。

時雨降り注ぐ奈良井宿 (長野県塩尻市) | 暮らしのほとり舎
時雨降り注ぐ奈良井宿 (長野県塩尻市)

晴れていたかと思うとサァーッと降り、傘をさす間もなく青空が戻ってくるような通り雨。
 
不意に訪れるものや、しきりに続くものを時雨に例え、「木の葉時雨」「蝉時雨」「空の時雨 (涙の意)」など、美しい言葉も生まれています。
 
ちなみに時雨は、北西の季節風が山地につき当たり上昇するときに、冷えて雲を生じることによって、雨を降らせます。
 
そのため京都や長野、岐阜や福島のような山に囲まれた地形の所に多いそうです。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

Pot (キャニスター・保存容器・保存瓶) <MokuNeji> | 暮らしのほとり舎
ちょこっとトレー <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
うちわ灰皿 (無地・たんぽぽ) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive