第五十四候 「楓蔦黄 (もみじつたきばむ)」 11/2~11/6頃

七十二候が霜降の末候に変わり、楓 (かえで) や蔦の葉が色づく頃となりました。
 
北国や山々はすでに紅葉に染まっている頃ですが、紅葉前線が日ごとに南下してくる晩秋には、平地でも美しい秋の景色が楽しめます。

女神湖 (長野県北佐久郡立科町) | 暮らしのほとり舎
女神湖の紅葉 (長野県北佐久郡立科町)

秋が深まるごとに色を重ね、まもなく散っていく紅葉は、移ろいゆく季節を愛でる日本人にとって格別なものであり、春の桜と同じくらい待ちわびられる存在でした。
 
紅葉狩りの歴史は古く平安のころから始まったそうです。
 
ちなみに紅葉 (もみじ) の語源は「揉みいず」で、色が揉み出されるという意味です。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

Pot (キャニスター・保存容器・保存瓶) <MokuNeji> | 暮らしのほとり舎
ちょこっとトレー <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
うちわ灰皿 (無地・たんぽぽ) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive