第一候 「東風解凍 (はるかぜこおりをとく)」 2/4~2/8頃

七十二候が立春・初候に変わり、暖かい春風が川や湖の氷を解かし始める頃となりました。
 
ここでは「はるかぜ」と読んでいますが、東の風と書いて「こち」と読み、春先に吹く東よりの柔らかな風のことをいいます。
 
東風は、春本番ののんびりと穏やかな風とは違い、まだ冷たさの残る早春の風。
 
東風が吹くようになると寒気が緩み、春を告げる風として喜ばれてきました。

つらら | 暮らしのほとり舎

東風は春の季語で、菅原道真の
 
「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花、主なしとて春を忘るな」
 
をはじめ、多くの和歌や俳句に詠まれています。
 
また、動植物などの名詞を伴って「梅東風」「桜東風」「雲雀東風」「鰆東風」「朝東風」など、時間や時期に応じた名で呼ぶことが多いようです。
 
七十二候はこの候が一候となり、一年の始まりでもあります。
 
春の兆しとなる柔らかな風が吹き、冬間に張りつめた厚い氷を解かし始める、まさに春の訪れを表した候です。
 
まだまだ寒さはありますが、ようやく春の足音が聞こえてきました。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

コーヒーミル <MokuNeji モクネジ> | 暮らしのほとり舎
ちょこっとトレー <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
コーヒースプーン <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive