第一候 「東風解凍 (はるかぜこおりをとく)」 2/4~2/8頃

七十二候が立春・初候に変わり、暖かい春風が川や湖の氷を解かし始める頃となりました。
 
ここでは「はるかぜ」と読んでいますが、東の風と書いて「こち」と読み、春先に吹く東寄りの柔らかな風のことをいいます。
 
東風は、春本番ののんびりと穏やかな風とは違い、まだ冷たさの残る早春の風。
 
東風が吹くようになると寒気が緩み、春を告げる風として喜ばれてきました。

つらら | 暮らしのほとり舎

東風は春の季語で、菅原道真の
 
「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花、主なしとて春を忘るな」
 
をはじめ、多くの和歌や俳句に詠まれています。
 
また、動植物などの名詞を伴って「梅東風」「桜東風」「雲雀東風」「鰆東風」「朝東風」など、時間や時期に応じた名で呼ぶことが多いようです。
 
七十二候はこの候が第一候となり、一年の始まりでもあります。
 
春の兆しとなる柔らかな風が吹き、冬間に張りつめた厚い氷を解かし始める、まさに春の訪れを表した候です。
 
まだまだ寒さはありますが、ようやく春の足音が聞こえてきました。

この時季の二十四節気                

この時季の二十四節気 

季節の楽しみいろいろ

季節の楽しみいろいろ 

この季節におすすめの商品              

この季節におすすめの商品 

  • イチョウの料理べら (小 / 中 / 大 / 3本セット) <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
  • イチョウのまな板 (小 / 中 / 大 / 特大) <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
  • イチョウのまな板立て (2個1組) <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金 羽子板 (両面) 4番 / 6番 <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金  薬味用 (羽子板 / ツル / カメ) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
  • Pot (S・M・L) <MokuNeji> | 暮らしのほとり舎
  • ソルト & ペッパー (スパイスボトル) <MokuNeji> | 暮らしのほとり舎
  • 水筒 (ヘアライン仕上げ)  M・L <MokuNeji> | 暮らしのほとり舎
  • 小皿 (三角・四角) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 銘々皿 (丸蝶) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 茶筒 Karmi (俵) ソジ / フキ / スミ <我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎
  • 花器 すずはな (氷割・ライン・布目) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 曽呂利 (そろり) ミニ <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 角トレー (無地 / 蒔絵) <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • パレット (バス / フェイス / ゲスト) <kontex> | 暮らしのほとり舎
  • ピュアオーガニック (バス / フェイス / ゲスト) <kontex> | 暮らしのほとり舎
  • シャンティ (バス / フェイス / ハンカチ) <kontex> | 暮らしのほとり舎
  • 籐バスケット (楕円) <ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎
  • 籐バスケット (角型) <ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎
  • 籐バスケット (丸型) S / L <ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎