第二候 「黄鶯睍睆 (うぐいすなく)」 2/9~2/13頃

七十二候が立春・次候に変わり、山里ではウグイスが鳴き始める頃となりました。
 
「睍睆」とは鳴き声の良いという意味で、その美しい音色からウグイスは、オオルリ、コマドリとともに日本三鳴鳥に数えられています。

うぐいす (2018.04.10 竜神池にて) | 暮らしのほとり舎
ウグイス

「ホーホケキョ」という、ウグイスおなじみのさえずりは雄のみのもので、気象庁ではこのウグイスのさえずりを初めて聞いた日を「ウグイスの初鳴日」として、梅や桜の開花とともに観測しています。
 
ウグイスの初鳴きは一般に温暖な地方ほど早く、沖縄や九州では2月20日頃、北海道では4月30日頃と「初鳴き前線」は季節の進行とともに北上していきます。
 
ウグイスが別名「春告鳥」や「報春鳥」と呼ばれるのも、そんなところからきています。
 
また、その年に初めて鳴くウグイスの声を「初音 (はつね)」といいますが、実はこの頃の鳴き声はまだ本調子ではありません。
 
「ホーホー、ケッケッ、ケキョ・・」と鳴き声を整えている状況を「ぐぜり鳴き」と呼び、その初々しい声を聞くのもまた微笑ましいものです。

この時季の二十四節気                

関連記事

この季節におすすめの商品              

コーヒーミル <MokuNeji モクネジ> | 暮らしのほとり舎
ちょこっとトレー <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
コーヒースプーン <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive