第七十二候 「鶏始乳 (にわとりはじめてとやにつく)」 1/30~2/3頃

七十二候が大寒の末候に変わり、春の気配を感じた鶏が卵を産み始める頃となりました。
 
「乳す」は鳥が卵を産むという意味です。
 
養鶏が中心となった現代では分かりづらい状況となってしまいましたが、本来、鶏の産卵期は春から初夏にかけてで、卵はその時期にしか生まれない貴重品でした。
 
今は季節を問わず店頭に並ぶため、旬の感覚は希薄ですが、卵の旬は2~4月。
 
春の卵は、母体の中でゆっくり時間をかけて成熟していくため栄養価が高くなるといわれています。
ただしこれは有精卵の場合のみで、無精卵は1年中、味わいや質に変化はありません。

ニワトリ | 暮らしのほとり舎

かつては時を告げる鳥として神聖視されてきた鶏。
 
時計のない時代、雄鶏特有の甲高い鳴き声は、朝の訪れを知る手だてとされてきました。
 
「一番鳥=明け方に最も早く鳴く鶏」は丑の刻(午前2時)、
「二番鳥=夜明けに一番鳥の次に鳴く鶏」は虎の刻(午前4時)に鳴くとされ、
農家のお嫁さんはその声を聞いて起き出し、竃を炊きつけ朝の準備をしたそうです。
 
鶏は夜明けを知らせるため、古来より、神や精霊の時間である夜と、人間の活動する昼との境目を告げる霊鳥だと考えられてきました。
 
そんなことからも、鶏は長い冬の終わりを告げるのにふさわしい動物と言えそうです。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

角鍋・すき焼き鍋 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
瓶敷き・鍋敷き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
栓抜き 申 (さる) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive