第五十五候 「山茶始開 (つばきはじめてひらく)」 11/7~11/11頃

七十二候が立冬の初候に変わり、山茶花 (さざんか) の花が咲き始める頃となりました。
 
この山茶 (つばき) とは、椿 (つばき) でなくツバキ科の山茶花の事を指しています。
 
山茶花という漢字は「山に生え花を咲かせる茶の木」ということで、その昔、葉の部分をお茶として飲んでいたことに由来すると言われています。

サザンカ 1 | 暮らしのほとり舎

花の少ないこの季節に人知れずそっと咲いて散っていく山茶花。
 
殺風景な冬枯れの景色を可憐に彩ることから、寺院や茶室の庭木としても好まれる花です。

サザンカ 2 | 暮らしのほとり舎

花言葉は「ひたむきな愛、謙遜、理想の恋」。
 
山茶花も椿もよく似た花を咲かせますが、この時期先駆けて咲くのは山茶花で、木へんに春の椿は12月から4月にかけて花を咲かせます。

ぽとりと落ちる椿の花 | 暮らしのほとり舎
ぽとりと落ちる椿の花

また山茶花は花びらが一枚一枚散りますが、椿は散らずに花ごとぽとりと落ちる違いがあります。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
角鍋・すき焼き鍋 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
瓶敷き・鍋敷き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive