二十四節気 「立冬 (りっとう)」 11/7~11/21頃

二十四節気が霜降から立冬へと変わり、暦の上では冬の始まりです。
 
鮮やかだった木々の葉もだんだんと色あせ、冬枯れの様子が目立つようになります。
 
日が暮れるのも一段と早まり、いよいよ冬の訪れを感じられる頃です。
 
冷たい木枯らしが吹き、北国からは初雪の便りも届き始めます。

二十四節気 「立冬 (りっとう)」 11/7~11/21頃 | 暮らしのほとり舎

「木枯らし」とは、秋から冬へと変わる時期に吹く北よりの冷たく強い風のことですが、気象庁では東京と大阪に限って、「木枯し1号」を発表しています。
 
これには条件があり、10月半ばから11月末にかけて、西高東低の冬型の気圧配置になったとき、初めて吹く風速8メートル以上の北よりの風を「木枯らし1号」と認定します。

二十四節気「立冬」の七十二候            

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
角鍋・すき焼き鍋 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
瓶敷き・鍋敷き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive