第五十六候 「地始凍 (ちはじめてこおる)」 11/12~11/16頃

七十二候が立冬の次候に変わり、寒さで大地が凍り始める頃となりました。
 
夜は冷え込みがいっそう厳しくなり、冬の訪れがはっきり肌で感じられる季節です。
 
朝には霜が降り、場所によっては霜柱がみられることも。
 
日ごとに寒さが増し、季節は本格的な冬を迎えます。

小石を持ち上げる霜柱 | 暮らしのほとり舎
小石を持ち上げる霜柱

霜の降りるような夜、地中の水分が凍ってできる氷の柱が霜柱です。
 
空気中の水蒸気が地物に昇華してできた霜とは別のでき方で、湿気の多い柔軟な土質に生じます。

霜柱 | 暮らしのほとり舎

霜柱ができるにはさらに条件があり、地面近くの気温が0℃、下の地中の温度が0℃以上、土壌の含水率が30%以上ある場合に発生しやすいそうです。
 
そして、その成長点は柱の上部ではなく下部にあり、押し出されるように伸びていきます。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
角鍋・すき焼き鍋 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
瓶敷き・鍋敷き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive