第五十七候 「金盞香 (きんせんかさく)」 11/17~11/21頃

七十二候が立冬の末候に変わり、水仙の花が咲き、芳しい香りを放つ頃となりました。
 
ここでいう「きんせんか」とは、春に咲くキク科の金盞花ではなく、水仙のことをさしています。
 
金盞は黄金の杯 (さかずき) のことで、6枚の花びらの真ん中に黄色い冠のような副花冠をもつ水仙の異名です。

水仙1 | 暮らしのほとり舎

水仙の開花時期は11月半ばから3月頃で、まだ雪の残る野山の斜面などに、白や黄色などの可憐な花を咲かせることから「雪中花」という別名も。
 
冬の厳しい寒さの中でもすっと立ち上がって咲く姿は、楚々とした美しさがあります。
 
水仙は上品な香りとその凛とした佇まいから、お正月の花や茶花としても人気ですが、実は強い毒性があることでも知られています。

水仙2 | 暮らしのほとり舎

また、学名の「ナルキッソス」は、ギリシャ神話からの命名です。
 
泉に映った自分の姿に恋焦がれ、見続けていたら1本の花になってしまったという少年の名前から名付けられました。
 
その花が水仙であり、ナルシストの語源です。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
角鍋・すき焼き鍋 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
瓶敷き・鍋敷き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive