第五十八候 「虹蔵不見 (にじかくれてみえず)」 11/22~11/26頃

七十二候が小雪の初候に変わり、虹を見かけなくなる頃となりました。
 
今回の候は、清明の末侯「虹始見 (にじはじめてあらわる)」と対になった候です。
 
通常、虹は空気中の水滴に太陽の光があたって反射してできるものなので、陽の光が弱まり、空気が乾燥するこの時季は虹が現われる条件が少なくなります。

冬の虹 | 暮らしのほとり舎
冬の虹

ですが、季語に「冬の虹」があるように、雨上がりの空におもいがけず虹を見ることがあります。
 
冬は太陽からの光が弱いので、夏のようなくっきりとした虹ではなく、ぼんやりとした淡い虹になることが多く、また、例え見ることができてもじきに消えてしまいます。
 
夏の虹に比べ、どこかひっそりともの寂しい趣があります。

この季節におすすめの商品              

7玉長柄箒 (皮巻き) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
3玉荒神箒 (ダルマ 中) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
はりみ (ちりとり) <白木屋傳兵衛> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive