第六十二候 「熊蟄穴 (くまあなにこもる)」 12/12~12/15頃

明日から七十二候が大雪の次候に変わります。
 
クマをはじめ動物たちが冬ごもりをする頃です。
 
秋になってドングリや山ブドウが実ると、それまで草を食べていたクマは、これらの栄養価が高い木の実をたっぷり食べるようになります。
 
そして皮下脂肪をたくわえ、穴にこもって飲まず食わずのまま春を待ちます。

熊 (奥飛騨クマ牧場・岐阜県高山市) | 暮らしのほとり舎
岩穴の中で眠る熊 (奥飛騨クマ牧場・岐阜県高山市)

穴の中では、ほとんど身動きせず、脈拍や呼吸数も減少します。
 
ただ、わずかな物音やにおいなどの刺激で目を覚ますほど、眠りは浅いそうです。
 
このため、クマの場合は「冬眠」ではなく「冬ごもり」という言い方をするそうです。
 
クマの冬ごもりは、この時期食料が不足する事と、体力温存の保身の習性だと考えられています。
 
また、クマの出産は、この「冬ごもり」の間に行われることが多いので、寒さから子ぐまを守る目的もあるそうです。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

イチョウのまな板 <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
今治タオル ピュアオーガニック <kontex> | 暮らしのほとり舎
干菓子盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive