第六十三候 「鱖魚群 (さけのうおむらがる)」 12/16~12/20頃

七十二候が大雪の末候に変わり、鮭が群れをなして川を上っていく頃となりました。
 
川で生まれた鮭は、海で大きく育ち、産卵のために故郷の川へと帰っていきます。
 
古来の人々はこの「鮭の遡上」を神秘的なものとしてとらえてきました。

サケの群れ | 暮らしのほとり舎

鮭は海中で1~5年過ごすとされていますが、不思議なことに彼らは自分の生まれた川をよく覚えており、長く海で生活した後でも、ほとんどの鮭はもとの川に戻ってくるそうです。
 
その理由は鮭の鋭い嗅覚によるものだと考えられています。

鮭 | 暮らしのほとり舎

産卵のため一心不乱に遡上してくる鮭は、まったく食物もとらず、役目を終えると力尽きます。
 
こうして鮭は次の命を育んでいます。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

イチョウのまな板 <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
今治タオル ピュアオーガニック <kontex> | 暮らしのほとり舎
干菓子盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive