第六十五候 「麋角解 (さわしかのつのおつる)」 12/26~12/30頃

七十二候が冬至の次候に変わり、オス鹿の角が落ちる頃となりました。
 
メスの鹿は角が生えませんが、オスの鹿は一年に一度、角が根元から自然にポロっと取れて、春にはまた新しい角が生え始めます。
 
「麋」とは、「なれしか」というトナカイの一種の大鹿、またはヘラジカのことだとされています。

自然に取れ落ちた鹿の角 | 暮らしのほとり舎
自然に取れ落ちた鹿の角

生え始めの角には、毛がはえていて柔らかく、中には血管も通っているのですが、秋頃になると角の内部がだんだんと骨のように硬く変化するそうです。
 
こうして、まるで木の枝みたいな立派な角に変わっていきます。

若いオス鹿 | 暮らしのほとり舎
若いオス鹿

ちなみにオスのニホンジカは5歳までは、角を見ればある程度年齢が分かるといいます。
 
生まれた年はまだ角は生えませんが、2才になると小さな角が1本生え、3才で枝分かれします。
 
そして4才になると3又に、最終的には4又の状態で成熟した大人となります。
 
毎年生え変わるたびに形が変わっていくなんて不思議ですね。

年齢を重ねて成熟したオス鹿 | 暮らしのほとり舎
年齢を重ねて成熟したオス鹿

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

ペーパーナイフ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
栓抜き 酉 (とり) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
うちわ灰皿 (無地・たんぽぽ) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive