暮らしのほとり舎オンラインショップ トップページ
""
  • HOME
  • >
  • Interior
  • >
  • 南部風鈴 (南部富士)[鈴木盛久工房]

鈴木盛久工房  南部風鈴 (南部富士)

南部風鈴(南部富士)<鈴木盛久工房>

夏の音色を奏でる“南部風鈴”

南部鉄器の老舗・鈴木盛久工房の南部富士 (岩手山) の
姿を象った「南部風鈴」です。

そよ風に短冊がゆらぐと、涼やかで、どこか懐かしい
音色がやさしく響き渡ります。


風鈴は材質によって音が変わり、ガラス製のものは、
「チリンチリン」と響きが短く、乾いたような軽やかな
音がします。

一方、南部風鈴は響きが長く、「リーン」と高く澄んだ
音色を奏でるのが特徴です。


毎年6月~8月、JR水沢駅 (通称:風鈴駅) のホームに
飾られる南部風鈴の音色は、環境省が選定した
「残したい日本の音百選」に選ばれています。


今では夏の風物詩として親しまれている風鈴ですが、
もとは寺院の軒の四隅に下がっている「風鐸」が進化
したもので、厄除けを目的としていたそうです。

Item Detail(クリックすると拡大します)

""
Item Details

風に揺らぐと、澄み渡るような音色が響く南部風鈴。きれいな緑色の紙箱入りですので、季節の贈り物にもおすすめです。
 
短冊には岩手の歌人・石川啄木の詩が認められています。
「やはらかに 柳青める 北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに」 これは、啄木が故郷に思いを馳せて作った詩です。
 
※短冊は、丸めた状態で化粧箱におさめられています。しばらく本の間に挟んでおく等、プレスしてからお使いください。
※化粧箱の色やデザインは、予告なく変更となる場合がございます。[参考:上画像4枚目]

""
ギフトラッピングについて

""

1ラッピングにつき「385円 (税込)」にてギフトラッピングを承っております。
 
ご希望の方は、ギフトラッピングページに記載の内容をご確認・ご了承の上、ラッピング商品と「ギフトラッピング (Gift Wrapping)」をそれぞれカートに入れ、合わせてご注文ください。
 
通常よりも発送までにお時間を頂戴致しますので、お届けまで余裕をもった日程にてお申し込みください。
 

配送サービス案内(レターパックプラス) レターパックプラスについて
配送サービス案内(レターパックプラス)|暮らしのほとり舎 レターパックプラスについて
 
""
 

南部風鈴 (南部富士) 鈴木盛久工房

サイズ : 直径 6(下底)× 高さ 4 cm
      全長 40 cm
重さ : 103 g
素材 : 鉄
生産地 : 岩手県
 
◆ 化粧箱入り

2,500円 (税込 2,750円) 

【商品の特性・ご注意】

・短冊は、丸めた状態で化粧箱におさめられています。しばらく本の間に挟んでおくなど、プレスしてから
お使いください。

・同じ商品でも、一点ごとに色味や質感の表情、雰囲気が微妙に異なりますが、これは、
鈴木盛久工房特有の魅力ですので、風合いとしてお楽しみください。

・一つひとつ手作りされるため、同じ商品でも寸法や重量などに若干の差異が生じる場合がございます。
おおよその “目安” としてご理解ください。

・商品がおさめられている “パッケージ(化粧箱)” は、予告なく、色やデザイン等が変更となる場合がございます。

また、入荷時期等によっては、複数商品をお買い上げの際に、異なるパッケージが混在する場合がございます。

【お手入れについて】

・鉄器は、水分や塩分、油分を嫌いますので、それらは避けてお使いください。

・汚れなどは、乾いた布で乾拭きしてください。

・乾拭きで取れない汚れは、お湯で手洗いしてください。手洗い後、色移りしても問題のない布等で
押さえるようにして水分を拭き取り、乾かしてください。

・タワシやスポンジなどでこすると傷がつき、錆の原因になります。ご注意ください。

鈴木盛久工房(すずきもりひさこうぼう)


江戸時代に南部藩が城を構えた城下町・盛岡の地で、400年続く南部鉄器の老舗。

鈴木家は、寛永2年 (1625) に、南部家の本国・甲州より御用鋳物師として召し抱えられて以来、藩の御用を代々勤めてきました。

昔ながらの伝統技法を受け継ぎ、様々な南部鉄器を作り続けています。

第13代鈴木盛久は、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」。

現在、「鈴木盛久」の名は、15代目の熊谷志衣子さんにより、継承されています。歴代の中で初の女性鋳物師ということで、注目を集める存在です。


 鈴木盛久工房 取扱い商品一覧

 南部鉄器とは 

南部鉄器といえば、岩手県の代表的な工芸品です。

その歴史は古く、平泉藤原氏三代の頃より、刀剣、鉄香炉、釜などの鋳造が行われていましたが、17世紀中頃、
茶道に造詣の深かった28代南部藩主が、京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜を作らせたのが始まりといわれます。

盛岡の地は古くから砂鉄・岩鉄などの良質な鉄資源に恵まれ、川砂・粘土、漆、木炭など鋳物に必要な原料が
豊富に産出されたことも、この地で南部鉄器が栄えた大きな一因とされています。

「わび・さび」を重んじる心が生みだす独特の品格を持つ南部鉄器は、藩主の献上品として栄えた性格上、
美術工芸品的要素が強いという特質があります。

""
南部鉄器の“茶托”いろいろ

""

「南部風鈴 (南部富士)」におすすめの商品          

「南部風鈴 (南部富士)」におすすめの商品 

""
  • 花器 すずはな (氷割・ライン・布目) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 曽呂利 (そろり) ミニ <能作>|暮らしのほとり舎
  • ちょこっとトレー (無地 / 蒔絵) <岩本清商店>|暮らしのほとり舎
  • ひょうたん盆 <岩本清商店>|暮らしのほとり舎
  • 木製ミラー Mirror & Stand <ヨシタ手工業デザイン室>|暮らしのほとり舎
  • 籐バスケット (丸型) S・L <ツルヤ商店>|暮らしのほとり舎
  • 水鳥箸置き <鈴木盛久工房>|暮らしのほとり舎
  • 輪島うるし箸 雪月風花(桜・波・楓・雪)<橋本幸作漆器店>|暮らしのほとり舎
  • 楢材のトレイ Wood Tray <ヨシタ手工業デザイン室>|暮らしのほとり舎
  • 箸置き (鶴亀・松竹梅) <能作>|暮らしのほとり舎
  • MATEVARI マテバリ 椀(欅・桜・楓・橅・楢)<我戸幹男商店>|暮らしのほとり舎
  • 汁椀 日本の器(欅・桜・楓・橅・楢)<我戸幹男商店>|暮らしのほとり舎
  • すずがみ 13cm <syouryu>|暮らしのほとり舎
  • すずがみ 18cm <syouryu>|暮らしのほとり舎
  • すずがみ 24cm <syouryu>|暮らしのほとり舎
  • 小皿 (三角・四角) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 小鉢 (三角・四角) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 箸置き(結び) 桐箱入5点セット <能作>|暮らしのほとり舎
  • 小鉢 Kuzushiシリーズ - Tare (大 / 中 / 小) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 小鉢 Kuzushiシリーズ - Yugami (大 / 中 / 小) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 箸置き(8) 桐箱入5点セット / 紙箱入2点セット <能作>|暮らしのほとり舎
  • タンブラー <能作>|暮らしのほとり舎
  • ビアカップ (M・L) <能作>|暮らしのほとり舎
  • マドラー <能作>|暮らしのほとり舎
  • ぐい呑み (金・銀) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 片口 (小・中・大) <能作>|暮らしのほとり舎
  • 竹型酒器セット <能作>|暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金 羽子板 (両面) 4番・6番 <大矢製作所>|暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金 (箱型) <大矢製作所>|暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金  薬味用 (羽子板・ツル・カメ) <大矢製作所>|暮らしのほとり舎
  • イチョウの料理べら (小・中・大・3本セット) <双葉商店>|暮らしのほとり舎
  • イチョウのまな板 (小・中・大・特大) <双葉商店>|暮らしのほとり舎
  • イチョウのまな板立て (2個1組) <双葉商店>|暮らしのほとり舎
  • フラックスライン (バス・フェイス・ゲスト) <kontex>|暮らしのほとり舎
  • パレット (バス・フェイス・ゲスト) <kontex>|暮らしのほとり舎
  • ピュアオーガニック (バス・フェイス・ゲスト) <kontex>|暮らしのほとり舎

""
 暮らしのほとり舎  - Blog -

""

▲ Page Top

お支払方法・配送方法等について | 暮らしのほとり舎
 
 

""
営業日カレンダー
 
在庫につきまして | 暮らしのほとり舎
Magazine Press ~当店をご紹介いただきました~
リサイクルしています
 
南部風鈴 (南部富士) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

南部風鈴 (南部富士)
鈴木盛久工房


Instagram Facebook Twitter