第七十候 「款冬華 (ふきのはなさく)」 1/20~1/24頃

七十二候が大寒の初候に変わり、ふきのとうが出始める頃となりました。
 
厳しい寒さの中、そっと黄色いつぼみを出すふきのとう。
 
雪解けを待たずに顔を出す春の使者で、凍てつく地の下では、春の支度が着々と進んでいます。
 
款冬とはフキのことで、その花茎をフキノトウといいます。
 
冬に黄色の花を咲かせるところから、冬黄 (ふゆき) がつまって「ふき」になったと言われます。

ふきのとう | 暮らしのほとり舎
春の味覚「ふきのとう」

ふきのとうは、春一番に最も早く食べることができる山菜で、野山や道端など、日当たりのよい場所に自生します。
 
現在は食用として栽培もされていますが、栽培ものは大きくて細長く、香りが少ないのが特徴です。
 
「春の皿には苦みを盛れ」とは先人の言葉。
 
独自の香りとほろ苦さがあり、カロテン、ビタミンB1、カリウムを含むふきのとうは、冬の間におとろえた体を目覚めさせてくれます。
 
冬ごもりから出てきた熊が、まず最初に口にするのも、このふきのとうと言われています。
 
ふきのとうは、咳止め、咳痰、健胃、浄血、毒消しなどの薬効があることでも知られています。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

角鍋・すき焼き鍋 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
瓶敷き・鍋敷き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
栓抜き 申 (さる) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive