第九候 「菜虫化蝶 (なむしちょうとなる)」 3/15~3/19頃

七十二候が啓蟄の末候に変わり、菜虫が蝶になり、飛び交い始める頃となりました。
 
菜虫とは、大根や蕪などの葉を食べる青虫のことで、一般的には蝶の幼虫などを指します。
 
菜の花が咲いて、蝶が舞い始めるといよいよ本格的な春の到来です。

蝶 (ちょう) | 暮らしのほとり舎

畑を荒らし、害虫と呼ばれ嫌われていた幼虫は、冬の時期にさなぎの姿となり、じっと寒さをこらえて越冬します。
 
そして春、暖かくなり始めると1週間ほどで羽化します。
 
蝶へと生まれ変わり、ひらひらと美しく舞う姿はまさしく春の象徴と言えます。

この季節におすすめの商品              

イチョウのまな板 <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
花器 曽呂利 (そろり) <能作> | 暮らしのほとり舎
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive