第二十四候 「麦秋至 (むぎのときいたる)」 5/31~6/4頃

七十二候が小満の末候に変わり、初冬に蒔かれた麦が小麦色に熟す頃になりました。
 
刈り取りを待つ麦畑は一面黄金色に輝き、新緑がまぶしいこの頃に、コントラストが際立ちます。

麦の穂 | 暮らしのほとり舎
麦の穂

収穫期を迎えたこの時期を「麦の秋・麦秋 (ばくしゅう)」といい、旧暦4月の異名にもなっています。
 
麦がたわわに実り、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられました。
 
雨が少なく、乾燥した季節ですが、まもなく梅雨が始まります。

5月の麦畑 | 暮らしのほとり舎
5月の麦畑

そんな麦秋の候には、「麦」に因んだ言葉がたくさんあります。
 
この頃に麦の穂を揺らしながら吹き渡るさわやかな風は「麦嵐」「麦風」「麦の秋風」、またそよぐ穂を「麦の波」、降る雨を「麦雨 (ばくう)」といいます。
 
麦の種まきや刈入れにぴったりな日は「麦日和」。
 
そろそろ麦わら帽子も大活躍と、まさに麦尽くしの季節です。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

ろうそく等伯 <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
ろうそく消し・芯切りばさみ <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
南部鉄 こま燭台 <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive