二十四節気 「小満 (しょうまん)」 5/21~6/4頃

二十四節気が立夏から小満へと変わりました。
 
小満は、日の光がいっそうと強まり、万物が生長し、天地に満ち始める頃をいいます。
 
昨年の秋に蒔いた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから、「小さな満足 = 小満」となったともいわれています。

二十四節気 「小満 (しょうまん)」 5/21~6/4頃 | 暮らしのほとり舎

日ごとに上昇する気温に合わせ、あらゆる生命ががすくすくと成長していきます。
畑の麦は大きく穂を実らせ、野山や草木の青葉はどんどん深みを増してゆきます。
 
田植えの準備を始める頃でもあり、西日本では「走り梅雨」がみられる頃です。
 
走り梅雨は「梅雨の走り」とも言い、本格的な梅雨を目前にしながら、先走るようにぐずつく天候のことを指します。
 
通常はこの後晴れた日が続き、その後に梅雨入りとなりますので、6月1日の衣替えに向けて、晴れているうちに準備を進めておくのがよさそうです。

二十四節気「小満」の七十二候

この季節におすすめの商品              

ろうそく等伯 <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
ろうそく消し・芯切りばさみ <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
南部鉄 こま燭台 <高澤ろうそく店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive