第二十五候 「螳螂生 (かまきりしょうず)」 6/5~6/9頃

七十二候が芒種の初候に変わり、カマキリが卵からかえる頃となりました。
 
秋のうちに生みつけられたスポンジ状の卵から、数百匹の小さなカマキリが次々と現れ始めます。

カマキリ | 暮らしのほとり舎

カマキリは、肉食性が強く、害虫を駆除してくれる虫です。
 
また食べるのは生きている虫に限られ、死んで動かないものは食べないそうです。

カマキリの卵 | 暮らしのほとり舎
カマキリの卵

手の鎌がトレードマークのカマキリは、「鎌で切る」から「鎌切り」となったとも言われますが、この鎌を持ち上げ待ち伏せする姿を祈っているようだと見て「拝み虫」とも呼ばれます。
 
カマキリは英語で「mantis」、語源はギリシャ語で「予言者」や「僧侶」という意味です。

この季節におすすめの商品              

ペーパーナイフ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
うちわ灰皿 (無地・たんぽぽ) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
とんぼのフック・帽子掛け <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive