第四十八候 「水始涸 (みずはじめてかるる)」 10/3~10/7頃

七十二候が秋分の末候に変わり、田んぼの水を抜き、稲穂の刈り入れを始める頃となりました。
 
井戸の水が枯れ始める頃との説もありますが、稲穂が実りの時を迎えるこの時季は、畦の水口を切って田を乾かし、稲刈りに備える時季でもあります。

実るほど頭を垂れる稲穂 | 暮らしのほとり舎

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
 
これは、稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人も学問や徳が深まるにつれ謙虚になることを表した諺です。
 
農家の人たちが丹精込めて育ててきた稲たちは、たわわに実った頭を風に揺らしながら田んぼを黄金色に染め上げます。

稲藁干し 「わらぐろ」 | 暮らしのほとり舎
稲藁干し 「わらぐろ」

収穫の秋真っ只中と大忙しですが、刈り取った稲が稲木にかけられずっと続いている光景は、素朴で美しく、秋ならではのにっぽんの原風景です。

稲藁干し 「はせがけ」 | 暮らしのほとり舎

この時季の二十四節気 

稲藁干し 「はせがけ」

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品 

この季節におすすめの商品              

ペーパーナイフ <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
りす置物 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
プラート シリーズ <4th-market> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive