第四十九候 「鴻雁来 (こうがんきたる)」 10/8~10/12頃

七十二候が寒露の初候に変わり、雁が北から渡ってくる頃となりました。
 
今回の候は、清明の次候「鴻雁北 (こうがんかえる)」と対になった候で、つばめなどの夏鳥が南へ帰るのと入れ違いに、春に北へ帰って行った冬鳥が再び日本へやってきます。

雁 (がん) | 暮らしのほとり舎
飛来する雁 (がん)

ちょうど雁が渡ってくる頃に吹く北風は「雁渡し」と呼ばれ、秋の季語になっています。
 
この風が吹き出すと夏も去り、海も空も、青色が冴えてくるので「青北風 (あおきた)」とも呼ばれます。

渡り鳥 | 暮らしのほとり舎
渡り鳥の群れ

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (羽子板・両面) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus> | 暮らしのほとり舎
籐バスケット (楕円) <ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive