第五十候 「菊花開 (きくのはなひらく)」 10/13~10/17頃

七十二候が寒露の次候に変わり、菊の花が咲き始める頃となりました。
 
ひと月遅れで迎える旧暦9月9日の重陽の節句は、ちょうど菊の花の盛りのころ。
 
別名「菊の節句」とも言われ、この日には菊の花を浮かべた菊花酒を飲み、長寿と無病息災を願う風習がありました。

菊の花 1 | 暮らしのほとり舎

また、重陽の日につんだ菊の花を乾かし袋に詰めた「菊枕」で眠ると、菊の香りただよう寝心地に、夢に愛しい人が現れる、邪気をはらうという言い伝えがあり、女性から男性に贈られたそう。

菊の花 2 | 暮らしのほとり舎

今では天皇家の花として、日本の象徴のようにも思われている菊ですが、実は日本自生の花ではなく、奈良時代に中国から伝わった花。
 
この時期には各地で、菊の品評会や菊まつりが行われ、観賞用として様々な品種が知られていますが、もともと菊は薬草として入ってきました。
 
漢方では菊は目の薬として知られ、目の充血や腫れ、痛み、視力の低下に効果があるとされています。

菊の花 3 | 暮らしのほとり舎

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (羽子板・両面) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus> | 暮らしのほとり舎
籐バスケット (楕円) <ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive