二十四節気 「寒露 (かんろ)」 10/8~10/22頃

二十四節気が秋分から寒露へと変わり、草木に冷たい露が宿る頃となりました。
 
朝夕はひんやりと肌寒く、本格的に秋も深まる季節です。
 
空気も澄み渡り、夜空を見上げると、さえざえと輝く月が見られます。

二十四節気 「寒露 (かんろ)」 10/8~10/22頃 | 暮らしのほとり舎

この頃になると、秋の長雨が終わり、秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。
 
まさに「秋麗 (あきうらら)」という言葉がぴったりの日々ですが、寒露はちょうど稲刈りが終わる頃。
 
農家では、その他の農作物の収穫もたけなわとなり、繁忙を極めます。
 
10月23日頃からは二十四節気が「霜降」へと変わり、早くも冬の兆しが見え始めます。

二十四節気「寒露」の七十二候            

この季節におすすめの商品              

銅おろし金 (羽子板・両面) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus> | 暮らしのほとり舎
籐バスケット (楕円) <ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive