二十四節気 「小雪 (しょうせつ)」 11/22~12/6頃

二十四節気が立冬から小雪へ変わりました。
 
木々の葉が落ち、北国や山間部では初雪が舞い始める頃です。
 
日を追うごとに冷え込みが増し、外はもう冬の気配。
ですが、冬とは言え雪も寒さもまだ少しであることから「小雪」と言われたのだそう。

二十四節気 「小雪 (しょうせつ)」 11/22~12/6頃 | 暮らしのほとり舎

一方で、この時季は移動性高気圧に覆われると、平野部では暖かくなることも多くなります。
そんな春のように穏やかな日を「小春日和 (こはるびより)」といいます。
 
また小春日和が続くと、春と勘違いしたのか、桜やたんぽぽなどの春の花が咲くこともあり、この花たちは「帰り花」「忘れ花」「狂い花」などと呼ばれます。
干天が続いたり、台風などで木が傷んでしまった年に多いと言います。
 
12月7日頃から二十四節気は「大雪 (たいせつ)」に変わり、本格的な冬の訪れはもう目前です。

二十四節気「小雪」の七十二候            

この季節におすすめの商品              

7玉長柄箒 (皮巻き) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
3玉荒神箒 (ダルマ 中) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
はりみ (ちりとり) <白木屋傳兵衛> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive