第五十九候 「朔風払葉 (きたかぜこのはをはらう)」 11/27~12/1頃

七十二候が小雪の次候に変わり、冷たい北風が、木の葉を散らす頃となりました。
 
朔風とは北風のことで木枯しを指します。
 
日本海を渡るときに水分を含んだ北風は、山地にぶつかり日本海側では多くの雪を降らせます。
 
そして山を越えた太平洋側では乾燥した風になり、「空っ風」と呼ばれます。

落ち葉・どんぐり | 暮らしのほとり舎

「朔」という字は、「はじめ」や「元へ帰る」という意味でも使われますが、十二支を方角に当てると、子 (ね) の方角は「北」となり、子は干支の最初に位することから、やがて「朔」は「北」を指すようになりました。
 
葉を落とした木々の冬景色はどこか淋しげで、草木は一見枯れてしまったようにも見えますが、木の枝には小さな芽が出始めています。
 
土に落ちた木の葉は「望み葉 (のぞみば)」といい、土の中で肥料となり、めぐりめぐって春を迎える植物の栄養となります。
 
こうして草木は新たな季節に向けた準備を始めます。

この季節におすすめの商品              

7玉長柄箒 (皮巻き) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
3玉荒神箒 (ダルマ 中) <山本勝之助商店> | 暮らしのほとり舎
はりみ (ちりとり) <白木屋傳兵衛> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive