二十四節気 「夏至 (げし)」 6/21~7/6頃

二十四節気が芒種から夏至へと変わりました。
 
夏至は、冬至とは反対に、一年で最も昼が長く夜が短くなる日で、昼の12時のときの太陽の高さも、一年で最も高くなります。
 
「夏に至る」と書くように、夏至を過ぎるといよいよ本格的な夏の到来、これから暑さは日に日に増していきます。

二十四節気 「夏至 (げし)」 6/21~7/6頃 | 暮らしのほとり舎

夏至は二十四節気のひとつで、一年で一番昼が長く夜が短い”日”であるとともに、”期間”としての意味もあり、7月6日頃までの約2週間を指します。
 
この時期は北の地方ほど、昼の長さが長く、北極に近い北欧などでは、太陽が一日中沈むことがない「白夜」が起き、夏至祭が盛大に行われます。
 
南北に長い日本列島でも、北へ行くほど昼の長さが長くなり、冬至の日と比べると、東京で約5時間、北海道の根室では約6時間半も長くなります。

二十四節気「夏至」の七十二候            

この季節におすすめの商品              

イチョウのまな板 <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
銅おろし金 (羽子板・両面) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
籐バスケット(楕円)<ツルヤ商店> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive