二十四節気 「春分 (しゅんぶん)」 3/20~4/3頃

二十四節気が、啓蟄から春分へと変わりました。
 
昼と夜の長さがほぼ同じになる頃で、この日を境に夏至までの間、徐々に日脚が伸びていきます。
 
ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしているそう。
 
桜の開花情報が聞かれるのもこの頃からで、いよいよ本格的な春の到来です。

二十四節気 「春分 (しゅんぶん)」 3/20~4/3頃 | 暮らしのほとり舎

太陽が真東から昇り真西に沈む春分の日は「彼岸の中日」と呼ばれ、この日を中心とした一週間は、お墓参りをする習慣があります。
 
これは他の国にはない日本独自の行事です。
 
昔は極楽浄土は西の彼方にあると信じられていたため、太陽が真西に沈むこの時期は先祖と通じ合える日とされていました。
 
また春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として国民の祝日に定められています。
 
春分以降は「暑さも寒さも彼岸まで」という言葉があるように、寒気もようやく和らぎ、春らしく暖かな日が多くなります。
 
とはいえ花冷えや寒の戻りがあるので油断は禁物。
 
4月4日頃から二十四節気は「清明 (せいめい)」へと変わり、万物が清らかに明るく感じられる春の盛りがやってきます。

二十四節気「春分」の七十二候

この季節におすすめの商品              

POT (キャニスター・保存容器・保存瓶) <MokuNeji モクネジ> | 暮らしのほとり舎
花器 曽呂利 (そろり) <能作> | 暮らしのほとり舎
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive