暮らしのほとり舎オンラインショップ トップページ
  • HOME
  • >
  • Dining
  • >
  • 汁椀 日本の器[我戸幹男商店]

我戸幹男商店  汁椀  日本の器(欅・桜・楓・橅・楢

山中漆器の老舗・我戸幹男商店の轆轤 (ろくろ) 挽きのお椀です。
丸みを帯びたほっこりとしたフォルムが印象的な器は、やさしく手になじみ、普段使いにぴったり。
 
材は、画像左上から時計回りに「欅 (けやき)」「桜 (さくら)」「楓 (かえで)」「橅 (ぶな)」「楢 (なら)」の全5種類。
同じ材の椀でも一つひとつ木目が異なり、無垢の素材感を存分にお楽しみ頂けます。
 
ご家族分を1種類で揃えても統一感があって素敵ですし、“My椀”としてそれぞれに好みの材をお選び頂くのもおすすめです。

商品詳細(クリックすると拡大します)

満水容量は、約360ml。お茶漬けや具材がたっぷり入った味噌汁、豚汁、おしるこなどにもちょうど良いサイズ感です。橋本幸作漆器店の「輪島うるし箸」とも相性良くお使い頂けます。[画像左から:ナラ・カエデ・サクラ]

直径は約11cm、高さは約7cmと小さ過ぎず大き過ぎず、男性にも女性にも使いやすいサイズでしっくりと手になじみます。やさしい木のぬくもりが伝わるお椀は、贈り物にも喜ばれそうです。裏面には材の名前が入っています。
日本の器は、我戸幹男商店の「MATEVARI」シリーズと比べて、すっきりコンパクトに重ねて収納出来ます。

<Item Material> 商品の素材について | 暮らしのほとり舎

欅(けやき)
桜(さくら)
楢(なら)
橅(ぶな)
楓(かえで)
欅(けやき)
桜(さくら)
楢(なら)
橅(ぶな)
楓(かえで)

  山中漆器とは 

 
山中漆器の歴史は、安土桃山時代に越前の国から、加賀市山中温泉の真砂という集落に木地師の集団が
移住したことに始まります。
その後、山中温泉の湯治客への土産物として造られるとともに、江戸中頃からは会津、京都、金沢から
塗りや蒔絵の技術を導入して木地とともに茶道具などの塗り物の産地として発展してきました。
石川県には「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」と3つの漆器産地があります。
年間を通して適度な湿度があるため、漆の乾燥に適しており、古くから漆器の産地として知られています。

山中独自の伝統技術

 山中といえば、 木工ろくろの一大産地です。
 木地が透ける程に薄い『薄挽き』や、 木地の表面に鉋を当てて細かい模様を付ける『加飾挽き』など
 他に類を見ない独自の技術を保有し、他産地の追随を許さぬものがあります。
 鉋で作る模様は「千筋」をはじめ40種とも50種ともいわれ、模様ごとに使用する鉋が異なります。

木の切り出し方

 山中漆器の繊細な木地作りを支えているのは、木の切り出し方にあります。
 多くの産地では、丸太を板状に切り出して、木地をとる「横木取り」をしています。
 一方、山中では木を輪切りにして、木地をとる「縦木取り」。
 木が育つ方向に逆らわず木地をとるため、歪み・ねじれがでにくく、精巧な加工に向いています。
 縦木は狂いにくいのが最大の特徴ですが、ロスが多く割高になります。
 隠れた配慮がなされています。

ギフトラッピングについて

1ラッピングにつき「385円 (税込)」にてギフトラッピングを承っております。
 
ご希望の方は、ギフトラッピングページに記載の内容をご確認・ご了承の上、ラッピング商品と「ギフトラッピング (Gift Wrapping)」をそれぞれカートに入れ、合わせてご注文ください。
 
通常よりも発送までにお時間を頂戴致しますので、お届けまで余裕をもった日程にてお申し込みください。
 

汁椀 日本の器 (桜・楓・楢・橅・欅) カート <我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎

日本の器  汁椀  我戸幹男商店

 
サイズ :φ 110 × 72 mm
容量 : 360 ml(満水時)
素材 : 天然木(欅 ・ 桜 ・ 楢 ・ 橅 ・ 楓)
仕上げ : 拭き漆
生産地 : 石川県
 
◆ 化粧箱入り
 

3,500円 (税込 3,850円)

 
 

【商品の特性・ご注意】

・天然木を使用しているため、一つひとつ木目の表情や色合い等が異なります。あらかじめご了承ください。
・電子レンジやオーブンではご使用頂けません。
・冷蔵庫や冷凍庫に入れたまま放置しないでください。

【お手入れについて】

・長時間の浸け置きは、ヒビ割れや変形の原因となります。ご注意ください。
・ご使用後は柔らかいスポンジを用いて台所用洗剤 (中性) で洗い、乾拭きしてください。
・毛の堅いたわしや研磨材入りのクレンザーなどは、使用しないでください。
・食洗機や乾燥機には入れないでください。
・直射日光を避けて保管してください。

 
 
 
 
 
 

我戸幹男商店 (がとみきおしょうてん) ・ 彰宣 (しょうせん)

 
明治41年(1908年)石川県山中温泉にて我戸木工所として創業。
木地屋職人として木地師の理念を受け継ぎ、漆器の元となる木地の
完成度にこだわった漆器を多く作ってきました。
近年では、デザイナーと精度の高いろくろ技法とのコラボレーション
にて実用性と芸術性の高さを併せ持つ漆器を作りだしています。
 

▶ 我戸幹男商店 取扱い商品一覧

「汁椀 日本の器」におすすめの商品

「汁椀 日本の器」におすすめの商品 

  • 輪島うるし箸 雪月風花(桜・波・楓・雪)<橋本幸作漆器店> | 暮らしのほとり舎
  • MATEVARI マテバリ 椀(欅・桜・楓・橅・楢)<我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎
  • 水鳥箸置き <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ひょうたん箸置き <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 箸置き (鶴亀・松竹梅) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 箸置き(結び) 桐箱入5点セット <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 小皿 (三角・四角) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 小鉢 (三角・四角) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 箸置き(8) 桐箱入5点セット / 紙箱入2点セット <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 小鉢 Kuzushiシリーズ - Tare (大 / 中 / 小) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 小鉢 Kuzushiシリーズ - Yugami (大 / 中 / 小) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 干菓子盆 (無地 / 蒔絵) <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 丸盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 十六角盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • ひょうたん盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 大正浪漫硝子「そば猪口」<廣田硝子> | 暮らしのほとり舎
  • 大正浪漫硝子「しょうゆ差し」<廣田硝子> | 暮らしのほとり舎
  • 江戸花切子 醤油差し <廣田硝子> | 暮らしのほとり舎
  • すずがみ 13cm <syouryu> | 暮らしのほとり舎
  • すずがみ 18cm <syouryu> | 暮らしのほとり舎
  • すずがみ 24cm <syouryu> | 暮らしのほとり舎
  • 籠 (カゴ) ご飯釜 2合 <4th-market> | 暮らしのほとり舎
  • 瓶敷き / 鍋敷き (角・丸) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ドーナツ鍋敷き <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 茶筒 Karmi (俵) ソジ / フキ / スミ <我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎
  • 茶筒 Karmi (釜) ソジ / フキ / スミ <我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎
  • 天然木口盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎

東北


 

関東



 

北陸








 

近畿


 

四国

 

九州

 
 

営業日カレンダー
 
在庫につきまして | 暮らしのほとり舎
Magazine Press ~当店をご紹介いただきました~
リサイクルしています
 
汁椀 日本の器 (桜・楓・楢・橅・欅) <我戸幹男商店> | 暮らしのほとり舎

汁椀  日本の器

(欅・桜・楓・橅・楢)

我戸幹男商店


Instagram Facebook Twitter