第十二候 「雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)」 3/30~4/3頃

七十二候が春分の末候に変わり、初雷が鳴り出す頃となりました。
 
2月4日頃の立春後に初めて鳴る雷のことを「初雷」、春に鳴る雷を「春雷」と呼びます。
 
雷といえば夏に多いものですが、「春雷」は夏の雷と違って激しくはなく、一つ二つ鳴ったかと思うと、それきり止んでしまいます。
 
今回の候は、秋分の初候「雷乃収声 (かみなりすなわちこえをおさむ)」と対になる候です。

雨雲の中をゆく (尾瀬) | 暮らしのほとり舎
雨雲の中をゆく (尾瀬)

この頃は季節の変わり目であり、大気が不安定であることから、雪やひょうが降ることもあります。
 
本来、雷は雨を呼ぶ兆しとして、農家などでは喜ばれますが、「春雷」は農作物を傷める「ひょう」をもたらすため、あまり歓迎されないそうです。

この時季の二十四節気                

この季節におすすめの商品              

POT (キャニスター・保存容器・保存瓶) <MokuNeji モクネジ> | 暮らしのほとり舎
花器 曽呂利 (そろり) <能作> | 暮らしのほとり舎
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus> | 暮らしのほとり舎
Twitter
 
Facebook
 
Instagram

最近の投稿記事


Archive